Daniel J Pipes

モバイル版で見る

ダニエル・パイプスの記事

タイトル 出版物 日付
かつて反イスラームだと考えられた中間の先学 ワシントン・ポスト 2010年8月18日
過激なイスラームに対する兵士をリクルートして 電子版フロントページ誌 2007年4月2日
ダニエル・パイプスはマリブから世界中のイスラーム主義の脅威と戦う ロサンジェルス大都市圏 ユダヤ・ジャーナル 2007年3月6日
[フレミング・ローゼのインタビュー]イスラーム主義の脅威 Jyllands-Posten 2004年10月29日
鶏小屋の狐に反対するパイプス インサイト 2004年3月19日
社説:パイプス賛成のムスリム達 ニューヨーク・サン 2003年4月21日
パイプス氏のロンドン講演は驚くほど抑制的 ロンドン・フリー・プレス 2003年3月25日
9.11後の世界で避雷針の著述家のダニエル・パイプス ニューハウス・ニュース・サービス 2003年3月14日
敵対的な世界とのイスラームの闘い ファイナンシャル・タイムズ 2003年1月11日
パイプスの夢想 フィラデルフィア市報 2002年7月18日
需要のあるイスラーム専門家 ボストン・フェニックス 2001年12月19日
イスラーム専門家が急に世間の注目を浴びる フィラデルフィア探究 2001年11月29日
ダニエル・パイプス:預言者 『ライフスタイル』誌 2000年6月
『アヤトッラーと小説家と西洋』の契約がキャンセルされる ニューヨーク・タイムズ 1989年7月19日

ダニエル・パイプス略伝

歴史家のダニエル・パイプスは、中東フォーラム会長である。合衆国の国務省および国防総省の元官僚で、シカゴ大学、ハーヴァード大学、ペパーダイン大学、米国海軍大学校で教鞭を執ってきた。

パイプス氏には、16冊の著書がある。隔週コラムは、『ワシントン・タイムズ』紙、『ナショナル・レビュー』誌、その他で発表されている。現在の焦点は、中東における政治変動である。ツィッター(@DanielPipes)に書いている。

著述とメディア出演の記録を持つ個人ウェブサイト(DanielPipes.org)は、2000年の開始以来、7000万のページ訪問を記録した。1万1千以上の著述の翻訳が、37言語で発表されてきた。

ブッシュ両大統領が、パイプス氏を合衆国連邦政府の地位に任命した。アル・カーイダは、彼をイスラームに改宗するよう招いた。上院議員エドワード・M・ケネディに就任を阻止され、エドワード・サイードには最も恐るべき名前である「オリエンタリスト」だと呼ばれた。

中東フォーラム(MEForum.org)は、アメリカの権益を促進することに献身する、年間予算400万ドルの独立NPO組織である。研究を生み出し、活動家の企画を支援し、学者その他が当該組織の使命を促進することができるよう、助成金を与えている。

広告

このブログのコンテンツの著作権は全てダニエル・パイプスが所有しています。©1968 -2017.